生きるを手繰る

生きづらい私やあなたが、生きる気持ちを手繰り寄せるために、ゆるりと考えること

曇りと雨のグラデーション #文章スケッチ

実験的に、文章でスケッチを始めてみます。経緯や詳細はこちらに記しています。

www.kuzejune.com

f:id:kuzejune:20181004163846p:plain

ほのかに空気の冷たさを感じる、10月初旬の曇り空。

一面の雲の向こうには光の気配があるから、どんよりとはしていない。どこかに白い明るさが残っている。

 

でも、雨の気配がする。風はほとんどない。時々カーテンの裾が、微かにそよぐだけ。猫じゃらしの群れが、小刻みに頷くように揺れている。

 

ぼんやりとキーボードを叩いていると、ぱちん、ぱちんと小さく跳ねる水の音が聞こえた。窓ガラスには水滴。ランダムにできていく、細かいドット柄。

 

徐々に水音は、しとしと連続する雨のそれに変わる。本格的に降り出してきたのか。

雨の匂いがしてきそうだけれど、さっき付けてしまったヘアスプレーの香りに邪魔される。

 

空にはまだ、明るさが残っていた。やがてその明るさに負けたのか、雨は弱くなる。通り雨だったのだろうか。

 

ぴいぴい。少し離れた所から、鳥の鳴き声が聞こえる。もっと遠くでは、カラスも声を張り上げている。

 

すっかり降り止んだと思った頃に、また、ぱらぱらと雨の音。今度は派手な音で跳ねている。 

少し大粒の雨が窓をつたう。さっきまでただの水玉だった水滴は、すっかり、終わりかけの線香花火みたいな柄になっている。

 

風が強くなってきた。猫じゃらしが、右へ左へと揺れる。

曇りと雨の狭間で迷う午後。グラデーションがかかった天気。