生きるを手繰る

生きづらい私やあなたが、生きる気持ちを手繰り寄せるために、ゆるりと考えること

「集中できない」にも「過集中」にも役立つアプリ『集中』

集中力のコントロールは、私にとって大きな課題の1つです。

単純に「頑張って集中力を高める」では済まない話なのが、ちょっと厄介です。一体どういうことなのかを説明していきます。

うつの時は集中できない

個人的な見解ですが、うつ状態の重さと集中力は、ほぼ反比例します。症状が重ければ作業どころか本も読めないし、テレビすら見るともなしに見る感じです。

ものすごく調子が悪い時は「ゆっくり休んだ方が良いな」と諦めがつくのですが、中途半端で困るのが「ちょっと調子悪い。ややだるい」くらいの時です。

そういう時に、「やった方がいいこと」や「やりたいこと」をどうするか。休むなら休む、やるならやる、と決めてしまえば良いのですが、「うだうだ悩んで結局やらない」みたいなことになりがちです。悩んだ時間を無駄にした上自ら余計なストレスを増やしています。色々ともったいない。

一方で、過集中の時もある

うつが酷い時とは反対に、私は過集中な状態になる日もあります。

「過集中」は、まだあまり一般的な言葉ではないので、「集中し過ぎるとはどういうこと?何が問題なの?」と疑問を持たれるかもしれません。

大幅に時間を忘れて何かに没頭してしまったり疲労や痛みを感じずに作業を続けて、後で身体的・精神的なダメージが出たりすることが、過集中の問題点です。

私の場合は、疲労感に気づかずに作業をし過ぎて、力尽き果てて後で寝込むパターンが多いです。寝食を忘れるレベルまでは行かないものの、油断すると、明け方に寝落ちするまで何かし続けます。生活リズムが崩れます。

ただ単に自制心がないだけだと思っていたのですが、仕事中、福祉職の人に「久世さんは過集中じゃない?」と指摘されて、意識するようになりました。

過集中は、発達障害の傾向がある人にしばしば見られる現象です。

Katie Fue (id:KatieFue) さんが、とてもわかりやすいエピソードを書かれていますので、ぜひご覧になってみてください。

blog.xn--katiefue-i64mq8yc0vjo7eeitdhns.com

また、双極性障害の場合も、軽躁〜躁状態の時に過集中になるケースがあるようです。

私は発達障害*1と双極性障害、両方の傾向を併せ持っているようなので、もはやどちらに起因する過集中なのかは不明ですが、問題を感じていることは確かです。

『集中』アプリのタイマーで、集中力を管理

「集中力がない」「過集中になる」の双方に有効なのが、タイマーによるコントロールです。タイマーのアプリは数多くありますが、今回は私が愛用しているiOSアプリをご紹介します。 

 

その名もズバリ【集中】という名前です。無料です。

集中

集中

  • Daisuke Toda
  • 仕事効率化
  • 無料

開発者の方にご承諾頂けたので、スクリーンショット付きで紹介します。(Ver. 0.11.0 )

 

タイマー起動中

シンプルで、誰でも使いやすいデザインです。

集中アプリ(タイマー起動中)© 2018 Daisuke Toda
予定より早めに終了したい時は、「早く終わった!」「集中切れた」と状況に応じたボタンで終了できるのがユニーク。

タイマー終了時

時間が来たら、「ホーホケキョ」とウグイスの声でお知らせしてもらえます。

集中アプリ(タイマー終了時)© 2018 Daisuke Toda
画面下の丸いボタンで「どれくらい集中できたか」を入力できるようになっているのですが、これがとても便利。

休憩時間

休憩時間も設定できます。集中の質を上げるためにも、過集中対策にも、嬉しい機能です。

集中アプリ(休憩をセット)© 2018 Daisuke Toda

グラフの画面

タイマー終了時に入力した「どれくらい集中できたか」の度合いが、この棒グラフに反映されます。色が濃くなっているほど、集中できた時間ということです。

集中アプリ(グラフ)© 2018 Daisuke Toda

この画像は一日単位の表示ですが、画面を切り替えると、週単位月単位などのグラフも見られます。データを蓄積できるので、振り返ることで体調管理にも役立てられます。

コラムもあります

無料なのに、お役立ちコラムまで読めます。ユーモラスで読みやすいので、やる気が出ない時にも、休憩時間にも良いです。

集中アプリ(コラム)© 2018 Daisuke Toda

私流『集中』アプリの使い方

◆中途半端なうつ気味の時

10分くらいの短い時間でタイマーをかけて、とりあえず着手。「今日は無理そうだから諦める」「意外とやれそう」などの判断がつきます。

◆それなりに集中できる時

ちゃんと休憩を取る。グラフ画面では、全体の作業時間と濃い色(青)の時間が長くなりすぎないようチェックしています。最近の体力なら、5〜6時間がベスト。10時間を超えるとやり過ぎ。

◆週や月単位などで振り返る

日によって極端に作業時間が凸凹するのではなく、棒グラフがある程度コンスタントになるよう目指しています。そして、休む日はきちんと休む。これが上手にできれば、安定して仕事ができる日も近づきそうです。

『集中』のおすすめポイントを整理

最後にこのアプリの特長を整理すると、こんな感じです。

  • デザインがシンプルで、直感的に使える
  • それでいて遊び心も感じる
  • 「どれくらい集中したか」を記録できる
  • 休憩時間も設定しやすい
  • 無料なのに広告がない

ちなみに、このブログの執筆中も、ずっと「集中」を使っています。

開発者の戸田大介さん(@todayske) は「継続」というアプリも作られているのですが、こちらもかなり好きなアプリです。また機会を見つけてご紹介できたらと思っています。

 


*1:発達障害の簡易検査の結果をこちらに載せています。

www.kuzejune.com